ホームサブウェイの秘密インタビュー My Healthy Life > 岡部哲也さん

My Healthy Lifeトップへ戻る

アルペンスキーヤーとして世界で活躍されて来た岡部哲也さん。
子供達の未来のために『岡部哲也スキースクール』や『ツリートレッキング』を開催し、楽しく自然に触れられる貴重な体験の場を作っています。

僕は北海道小樽の育ちなので、冬は当たり前のようにスキーをやっていましたが、夏はサッカー少年だったんです。
中学の頃はサッカー部に所属し、レギュラーでした。でもスキーも頑張っていたので、スキーの大会があると先生に呼ばれて全国大会にも出場していました。

スポーツが得意だったのは、小学校が山の上にあり、毎日が山登りだったので自然に足腰が鍛えられたおかげかもしれません。
またサッカーはチームのコミュニケーションと団体プレーが重要ですが、スキーは自分との闘いで、勝っても負けても自分自身なので、まったく違うモチベーションで競技に挑んでいたことが、後々世界で闘うのに役立ったと思います。

サッカーも大好きだったのですが、中学2年で全国中学生スキー大会に優勝し、ナショナルチーム入りを果たした事で、完全にスキーだけにシフトしました。

子供の頃はあまり野菜を食べていませんでした

子供の頃はそれほど丈夫ではなく、風邪をひきやすかったですね。

食べるモノは海が近かったので、魚がほとんどでした。子供の頃はそれほど野菜を食べていませんでした。
たまに野菜を食べるといえば、祖母が家で自家栽培のトマトやナス、ピーマンを育てていたので、それを食べていました。

野菜好きになったのは15歳の頃、ナショナルチーム遠征でイタリアに行き、そこで初めて見る色とりどりの野菜がすごく美味しかったからですね。

結果を出すだけの目標では海外に勝てない!

岡部哲也さん

高校卒業後は、大阪でサラリーマンとしてスキーヤーを続けていました。
その時は思うようにトレーニングの時間が取れず、普段の生活の中にトレーニングを取り入れていました。

その後、会社の援助もあって、ヨーロッパの学校に行きながらオーストリアのチームとトレーニングをしていました。
そこで日本の選手との意識の違いを目のあたりにして、根本から変えていかなければ勝てないと思いました。

自分が置かれている状況を見ても、サラリーマン生活では勝っても負けても給料がもらえてしまうことに違和感を覚えました。
甘えを無くすために辞表を出し、その後契約という形にしてもらいました。

全盛期に原因不明の病で3ヶ月の入院

全盛期だった1991年に原因不明の蕁麻疹により、約3ヶ月間の入院生活を強いられました。入院中は足も地面に付けられないくらいで車椅子の生活でした。
それから特に体力作りや健康、食のことを考える様になりました。

ドイツのブンデスリーガーに科学トレーニングセンターがあり、そこで血液採取などを行って科学的に自分に合ったトレーニングや食事を摂るようになりました。

病気で入院した時はモチベーションも落ちきっていましたが、それでも世界的な大会に出続けていられたのは今でも信じられませんね。

岡部哲也さん
岡部哲也さん

健康食は玄米ベースのご飯

健康の事を考えて、朝起きたら水を一杯飲み、それからヨーグルトを食べてから、野菜も多めに摂り、玄米をベースにした食事をしています。食事は単身の際には、ほとんど自分で作っています。

運動としては、いつも愛用しているゴムバンド(ハルメソッドのRAKUDA)で、テンションを張って裏の筋肉を回したり上げる動作を行っています。
肩甲骨の可動域を増やすと、肌のツヤも良くなり血流が良くなって身体が温まって姿勢が良くなります。

そうそう、うちのスタッフは全員バランスボールに座ってデスクワークを行っています。これも姿勢が良くなって腰にもいいんですよ。

軽井沢で自然を相手に身体を動かそう!

岡部哲也さん

現役を引退し、今は軽井沢でスキースクールやアクティビティに携わっています。
今年で17年目を迎える『岡部哲也スキースクール』では子供達にロディキッズレッスンという楽しいグループレッスンを開催しています。

雪のないシーズンにも子供から大人まで楽しめるのがツリートレッキング。「自然を相手に身体を動かそう」をテーマにした『アミーチアドベンチャー』では、さまざまなアイテム・全15ステージで遊びの中から、新しい発見ができます。

軽井沢は農業も盛んで、キャベツやレタス、コンニャク作りなどが行われているので、自然にふれあう機会もたくさんあるんですよ。

SUBWAYのフラットブレッドはもちもちの食感が凄くいいですね。

岡部哲也さん

野菜を手軽に美味しく食べられるのでSUBWAYはよく利用しています。 オーダーは『得サブ』野菜多めで、あとはターキーベースだったり、シンプルに野菜だけで食べたりしています。
ソースはカロリーが低くめのオイル&ビネガーや塩・コショウですね。

新しく出た『フラットブレッド』は、薄くてもボリューム感もあり、もちもちしたパンの食感が凄くいいですね。

普段自分で作る料理もエキストラバージンオリーブオイルをよく使うのですが、オイルを変えるだけで焼きそばでも何でもイタリアンっぽくなります。
オリジナルでペペロンチーノにトマトを加えた『ペペトマ』というメニューが気に入っています。
軽井沢の有名なレストランでも「作ってみてよ」ってお願いして食べていたら、いつの間にかグランドメニューに加わっていました(笑)

岡部哲也さん

岡部哲也さん

岡部哲也 profile

株式会社ネーヴェ代表。1965年北海道小樽市生まれ。中学時代にアルペンスキーの道へ進み、1988年ワールドカップ(回転)で日本人最高位の2位入賞。冬季オリンピックではカルガリー、アルベールビル、リレハンメルに日本のエースとして出場。1995年引退後はスキーの楽しさを広めるべく軽井沢にOKABE TETSUYA SKI SCHOOLを設立、今年で17年目を迎える。さらにこの夏からツリートレッキング AMICI ADVENTURE KARUIZAWAを開業。
ワールドカップスキー解説などメディアでも活躍中。

株式会社ネーヴェ
http://www.neve.jp/index.html

サブウェイの秘密

「イタリアンチキンメルト」キャンペーン

「Let's Party!」キャンペーン

『あったかスープ』キャンぺーン

 5のつく日は(5日・15日・25日)ポイント5倍!