ホームサブウェイの秘密インタビュー My Healthy Life > PASSPO☆さん 特別編

My Healthy Lifeトップへ戻る

今回はPASSPO☆の4人がサブウェイのパンを作っているパスコに潜入! パン作り体験を通してサブウェイのパンへのこだわりにふれてきました。

pasco パン作り体験には、根岸愛さん、森詩織さん、槙田紗子さん、増井みおさんの4人が挑戦。パスコのテストキッチンに入ると、すでにパンを焼くいい匂いが・・
「いい匂い~」、「おいしそう!」、「パン食べたい!」4人は早くもお腹が空いてしまったようです

早速サブウェイのユニフォームに着替えた4人はやる気満々。
パスコの方の指導を受けながら、今回は5月15日より一部の店舗で発売が予定されている『ブランモーニングセット』に使用される『ブランブレッド』というパン作りにチャレンジです。

『ブランブレッド』が焼けるまで

PASSPO☆さん
発酵させた生地の説明に興味津々のPASSPO☆
まず小麦粉、イースト、水などをミキシングしタネを作り、およそ2時間かけて発酵させます。

そこに糖蜜、塩などを入れ、再度ミキシングします。

ここがポイント!
通常、町のパン屋さんは最初からすべてを混ぜた生地を使用する、『ストレート法』という方式を使いますが、『ブランブレッド』は一度生地を寝かせてからもう一度混ぜる『中ダネ法』という方式を使っています。
このほうがふっくら仕上がります。

PASSPO☆さん 出来上がったタネを小さく丸めて分割します。

生地をこねたらもう一度タネを寝かせておきます。 ずっとこね続けていると生地が疲れてしまいます。

しばらく休ませたら、次は麺棒でシリコンの型に合わせて丸く伸ばします。さらにピケという道具を使って生地を平らにし、同時に小さな穴を開けます。

PASSPO☆さん ここがポイント!
通常のパンは焼き上がりにふくらませるのですが、『ブランブレッド』は平らにするために、空気穴として開けています。

最後に最終発酵させ、200℃くらいの温度で約10分焼き上げれば『ブランブレッド』のできあがりです!

栄養たっぷり『ブランブレッド』とは?

「ブラン」とは小麦粉の表皮部分のことで、「小麦ふすま」とも呼びます。
食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅などの栄養成分が豊富に含まれており、ヘルシーなパンに仕上げています。

最後はサンドイッチ作りで、もはやサブウェイ店員気分!?

PASSPO☆さん 『ブランブレッド』を見事に焼き上げたPASSPO☆の4人。
最後はサンドイッチ作りにも挑戦です。

PASSPO☆さん
初めてのサブウエイのサンドイッチ作りにワクワク、ドキドキ

最初にパンに切れ目を入れますが、実はパンの切れ目は真っ直ぐではないんです。
『ヒンジカット』と言って斜め45度の切れ込みがポイントになります。角度をつけないと素材がうまく入りません。

具材の入れ方はお店と同じ順番で、ハムやたまごなどの具材、レタス、トマト、ピクルス、ピーマン、オリーブ、玉ねぎ、最後にソースの順にはさんで、4人も思い思いに自分の好きなサンドイッチを作ります。

サンドイッチも完成!今回の体験でますますサブウェイが好きになりました!

今回はパンのこだわりもよくわかりました。
もうサブウェイのお店で働きたくなりました。
本当に楽しすぎました!
詩織
  • 森詩織さん森詩織さん
サブウェイのパンのことを色々知ることができてますます好きになりました。
ユニフォームを着られただけでも幸せなのに、サンドイッチ作りも体験できてすごく幸せです。
根岸愛さん
根岸愛さん
紗子
今まで一度もアルバイトをしたことがないので、
今回の体験はすごく嬉しかったです。
普段食べているサブウェイのことを体験できたなんて夢みたいです。
みお
  • 増井みおさん増井みおさん
私はパンが大好きで、何十年後かおばあちゃんになったら、パン屋さんになりたいんです。
だからパンが出来るまでを教えてもらえて、すごく楽しかったです。
槙田紗子さん
槙田紗子さん

サブウェイのパンへのこだわり

サブウェイと、今回PASSPO☆のメンバーが訪れたパスコが、二人三脚で追求し続けているのが「野菜をはさんでおいしいパン」。つまりそれが究極のサンドイッチ作りへの挑戦でもあります。

サブウェイのパンは、パスコの工場で練り上げた生地をそのまま冷凍状態で各店舗に発送します。最終工程の焼き上げをお店で行うことで、パン生地の老化を最小限に抑えて、お客様に最高の状態でパンをご提供できるのです。

PASSPO☆さん
焼きあがったパンに歓声を上げるPASSPO☆

サブウェイのパンに対するこだわりはとにかく“焼きたて”。
それはお客様にいちばん美味しいサンドイッチを食べてもらいたいから。
だから、サブウェイのパンはすべてお店で焼き上げています。

こだわりは焼きたてだけではありません。
パン生地の原料には上質な小麦を使用し、さらに研究に基づいた手の込んだパン製法が、焼き上げた時の「外サックリ」、「中ふっくら」口の中でとけ出す食感を実現しています。

PASSPO☆さん

予定の合わなかった奥仲麻琴さんを除き、
その後駆けつけたメンバーもこだわりのパンに感激!

究極のサンドイッチへの道

マーケティング商品本部購買戦略部長今井 久
サブウェイのパンへのこだわりを語る
マーケティング商品本部
購買戦略部長
今井 久

サブウェイのパンが今のような美味しいパンになるまでには、大きな挑戦と変革がありました。
その大きな節目となったのが2010年に踏み切った、パンの完全国産化です。

パスコと提携し日本人の味覚に最も合うパン作りに取り組みました。
その結果、本家アメリカSUBWAYの創業者であるフレッド・デルーカ氏も絶賛する、日本のサブウェイ独自のパンが出来上がりました。

サブウェイとパスコのパンへの探究は今現在も続いています。
そのパンへの飽くなき情熱が、サブウェイの究極のサンドイッチ作りにつながっています。

PASSPO☆

PASSPO☆ profile

メジャーデビュー2年目キュートなCA9人組!〝みんなでつくる”をコンセプトに09年に結成された〝空”と〝旅”をテーマにしたガールズロックユニット。

メンバーを〝クルー”、ライブを〝フライト”、ファンを〝パッセンジャー”と呼び、キャビンアテンダントをイメージした衣装を着用し、その唯一無二のコンセプトとインディーズ時代から一貫した本格的なROCKサウンド、アイドルらしからぬ言動や行動から醸し出す親近感が支持されている。

2011年5月4日に発売された記念すべきメジャーデビューシングル『少女飛行』は、女性グループにおいてデビューシングル初登場週間1位というオリコン史上初の快挙。

2011年7月にフランス パリにて開催された「JAPAN EXPO」でも5000人の観客を魅了し、海外での人気も厚い。

2012年12月28日、グループ表記を”ぱすぽ☆”から”PASSPO☆”に変更。

4月からはテレビ東京にて、初の冠番組『PASSPO☆の尺うまTV』がスタート!
そして今夏、「新エアライン3部作」と銘打って、5月・6月・7月と3か月連続リリースすることを発表!!!
その第1弾シングルとして、5月22日(水)に「STEP&GO/キャンディー・ルーム」が発売される。
夏には、新エアライン3部作を引っ提げての全国ツアーも決定している。
さらに飛躍すること間違いなしの彼女達から目が離せない!

サブウェイの秘密

ドリンク回数キャンぺーン

『秋』キャンペーン

 5のつく日は(5日・15日・25日)ポイント5倍!